(髪を切る)ハサミの性能は価格が関係します。


100円均一でもカットに使えるハサミは買えると思いますが、
頻繁に切る場所、短い場所、(髪を)伸ばさないと決まってる場所にしか使わない方が無難です。
要するに、前髪カットとか、息子さんの短髪の調整とか。
仮にダメージしてもすぐにまた次のカットが来て、毛先を切り落とせる場所に使うようにしたいですね。

理由①はハサミの切れ味が問題です。(鋼材が違います)
普通に考えても安いハサミは切れ味が硬いと思います。
仮に最初は良く切れるかもしれませんが速攻で刃が悪くなります。
切れ味悪い包丁で完熟トマトを切る時のストレス!w 中味飛び出しますから!w
髪の毛も同じで、スパッっと切れないということは、髪の潰し切りをしているということです。
傷みそうですよね?

理由②はすきバサミに関しては完璧に価格で性能が決まるということです。
通常のハサミの場合、使い方で性能をフォローできる要素が少しはあります。
しかし、すきバサミにその要素はほとんどありません、刃のつけ方、全体のバランスが大事になってきます。
そういった細かな調整をされた、すきバサミが1000円くらいで買える訳がないのです。
自分は毎回ハサミのメンテナンスをいつもの砥ぎ師さんにお願いするのですが、
安いすきバサミはカットしたところが全部枝毛に変身するよ!って言ってましたから、怖いです。

前髪カットにお手ごろ価格のすきバサミは全然OKですが、全体の量感を調整するために
そのようなハサミを使うのは絶対にお薦めできません。


PAGE TOP