いつもお世話になっております<(_ _)>
今日寒かったですね、そのせいか知りませんが、、暇。。でした::。

で、先日いつものように帰宅後、夕食を摂りながらMacで動画を見てる最中に、「そうだ!寝る前に軽い筋トレをルーチンにしてみよう!」と思いついたんです。疲労と睡眠は相関関係がありますし、(より深い睡眠を求めた)上半身が弱い僕は(特に肩と腕が細い)」腕立て伏せが大の苦手で、いつかは克服したい!そのためには日々の小さな積み重ねだよねってつい閃いたんですw
(手首のスナップを上手に使って膝を「ポン!」っと軽快に打ってみたのです)
余談ですがよく「コーヒー吹いた」って人が居ますが実際に吹いた人がまずいないように、膝をポンと叩く人もまず見かけたことがありません(*’ω’*)
ちなみに腕立て伏せって様々な筋肉に効果があって最強の自重トレーニングかなって思ってます。(しかも手軽)

うっかり忘れてしまわないように、アラームを毎日23時30分にセットして「夜の腕立て伏せ10回」が始まりました。んが、ルーチンにするのって結構大変じゃないですかw気軽に始められる事ほど続けないことも簡単ですから。
最初の頃は深く体を沈めると持ち上げるのに全力が必要でたった10回の腕立てが結構なストレスなんですね。なので夜のアラームが鳴っても毎日は達成できなかったです。ですが筋肉は裏切らないと申しますか、すぐに耐性が出来るので、実際筋量は増えてもないけど始めた当初よりは簡単に出来るようになってきます。深い腕立て伏せを10回しても(きついけど)しっかり出来るようになると、成果を感じてき嬉しいわけです。そのうちアラームが鳴る前に済ましてしまおう!ってことにもなってきました。

その頃から、、、何だか寝つきが悪い日が時々、、、朝起きて(いつもボーっとしてるけど)当然質の悪い睡眠なのでいつまでたっても目が覚めないような日が増えていきました。
そのうち連日のように眠れない!入眠してもすぐ目が覚めて何時間もうつらうつらしてるとか、ベットに入ってから頑張って目は閉じてるけど(眠いのに)気を失わないw
段々と状況が深刻になって夜寝ることに身構えるようになっていきました。(結構なストレスですよね)
ちなみに「夜眠れない・寝つきが悪い」とかで検索すると、最後にはこんなのに行きついてしまいます。

いやいやマジかと、もうそんな年頃かと、やば!豆乳飲んでるのも良くないのかも~((+_+))みたいになっていきました。イソフラボンがエストロゲンに似た効果をもたらすしネットの情報は玉石混交ですからね。

とりあえず有効打が見つからず、対処療法ではありますが「眠れない事にはどーしょもない!」という事でこちらを購入してみました!


言わずと知れた睡眠改善薬の雄ドリエル様です。
一回2錠が標準ですが、なんだか怖いので1錠服用して寝てみたんですよ、そしたらこれが効く!
なんか途中起きかけたりもするのですが朝まで爆睡です、でもスッキリ起きれてるわけでもない。
なんか昔使ってた第一世代の抗アレルギー薬に似たような手ごたえを感じて調べてみたら当たりました。

↑のリンクには書いてませんがヒスタミンて痒みの原因ですが脳内では覚醒物質なんです。
第一世代のアレルギー薬は抗ヒスタミンの成分が血液に乗って脳内にまで到達して脳内のヒスタミンの分泌まで阻害するのでどうにも眠くなってしまうんです。(第二世代からはこの副作用は起きない仕様になってるはずです)
しかも脳内にとどまった抗ヒスタミン有効成分はなかなか排出されないのが特徴です。
高齢のお医者さんだと、眠れない患者さんにアレルギー薬出したりすると聞いたことがあります。
また、↑のリンクではドリエルをボロカスに書いてますが、まぁ薬などどれも似たような物でしょう。

そんな感じで大した改善策も見つからないまま眠れたり眠れなかったりと、「眠る」ことが大好きな僕が(大部分の人は眠るのは好きだと思うが)眠ることが憂鬱というか「また今夜も眠りが浅かったらどーしよー」と変なプレッシャーに悩まされることになったのです。

なんかもうこのまま睡眠の改善はないのかもね、、などと半ば諦めかけてた矢先ですよ。
いつもボディーメイクをお願いしてるトレーナーさんに、腕立て伏せの成果を見てもらおうとセッション終盤に「最近寝る前にこんな取り組みしてるよ!」って腕立て伏せして見せたんです。
そしたらトレーナーさん曰く「腕立て伏せは古典的だけど短時間で終わるし続けていいんじゃないですか~」


「眠れなくなるけど」



です!

もうね体に電気が走りましたよね!

僕・「眠れなくなるんですか?」
ト・「交感神経優位になって体温上がるので眠れなくなります」

寝つきが悪い原因見っけた~~~(‘ω’)ノ

その日帰ってググったらわんさか出てきます!

運動をすると、交感神経が優位になり、アドレナリンを分泌して、体温や心拍、血圧が上昇し、身体がアクティブモードになります。筋トレを就寝前に行うと、いざ就寝しようとするときにも交感神経が優位のままで、身体が眠れない状態になってしまいます。筋トレ後は、3~4時間ほど体温が高い状態をキープします。体温が高ければ、スムーズに就寝することができないため、就寝前の筋トレは質の良い睡眠の妨げになるので注意が必要です。そのため、筋トレは就寝の3~4時間以上前に終えるようにし、18時以降は交感神経が優位になる心拍数を上げるような筋トレをしないようにすると良いでしょう。

寝る前はストレッチってそういう事だったんです。
これでまた一つ勉強になったと再度トレーナーに感謝したわけです。
もちろん寝る前の筋トレ止めてから、毎晩ぐっすりです!

~最近のサロン生け花~
花材はメラレウカ・バラ・ユリ・ドラセナ・ビバーナムティナス・ガーベラです。

ガーベラのピンクが濃いパステルでまるで作り物のような色味で見入ってしまいますね(*’ω’*)

~サロンからの景色~
最近鮮やかな夕焼けが多くて営業終盤に癒されます、今回は日の入りの写真。

それではもうすぐ11月ですね、来月もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>