いつもお世話になっております!
やっぱり3月に入ってから温かいですね~(*^_^*)
昨日は桃の節句、活け花も桃でした。

菜の花もキレイです。

3月4月と言えば年度末・移動・卒業・入学など、なかなか忙しい時期です。
多忙が重なるとメンタルにダメージを受けやすく中々解消もできないですね。
そんな時の効果的な解決法をプロカウンセラーの牛島沙織先生がご指南されています。

数ある解消法でも最も有効なのが「帰宅したら、そくお風呂に入る」!だそうです。

このご時世における、帰宅したら手洗いうがいと同じレベルですぐが良いです。
「ただいまー、はぁ疲れた」ざぶーん
くらいの勢いです。

なぜかという理由のひとつは、多くの人間は調子が悪くなるとグルーミングが難しくなる傾向が強い=グルーミングを意識することで体力と健康さが保てる、ということ。

そしてもうひとつは、みなさまも経験がないでしょうか?お風呂に入らないと、その後の時間に「あぁ…風呂に入らないと…」と思いながらゴロゴロとスマホをいじる、あの休んでいるんだかいないんだかわからない、生産性のない時間がなくなるということです。

 

大切なのは、休むというのは生産性の高い行為だということです。疲れをとり、楽しむことで活力を回復し、明日のための心理的なレディネスを養うことなしには、人間は高いパフォーマンスはでないのですから。いくら悩んでがんばっても、長期的に適切な休憩なしには、良い結果は得られません。

また、私はテレビゴロゴロや、YouTubeゴロゴロは、現代における焚き火だと思います。原始人が焚き火を見てリラックスしたように、現代人はテレビやYouTubeを見るともなしに見て、日々の疲れを癒やしているのです。

終わっていないタスクがある状態では、充分に休むこともできません。それに加えて、風呂というタスクひとつで悩みに集中することもできなくなります。結局、休むとも悩むともつかないどうしようもない時間が過ぎていき、深夜1時を過ぎ2時を過ぎ、YouTubeとともに寝落ちする、という毎日は、確実に精神的な健康度を下げていきます。

さっさとお風呂にだけ入ってしまうと、あとは安心して悩めます!寝落ちしたって、朝シャワーの必要がないので余裕です!歯磨きだけです!(男女とも口ひげはマスクで隠しましょう笑)

病気の範疇ではない精神的な落ち込みは、調子が悪いときほど、帰宅したら早くお風呂に入ってしまいましょう。部屋着になるついでにぬいでシャワーしちゃいましょう。マジでおすすめです!

現代の焚火、、、とても良い表現!

お仕事忙しかった時こそ帰宅と同時にローフーにインいちゃいましょう\(^o^)/
人生の三分の一を費やす睡眠こそ生産性の高い行為なんですね~。