こんにちわー!本日も暑いですが、湿度が低いようでまだマシでしょうか。
もうすぐ梅雨ですもんね~、この気温に湿度が加われば、、、。

と言うことで本日は「汗」についてです。

ワンコは汗かきませんね、汗をかく動物って以外に少ないんですね馬くらい。

発汗という機能はとても貴重なんですね~、
全身から発汗する事で体温の上昇が抑えられ、人間は長距離の高速移動が可能になっているわけです。
ちなみに、江戸時代の飛脚・早籠・早馬ですが、ほとんどスピードは変わらなかったみたいですから人間て早い!

そうは言っても長距離を走るとなるとやっぱり馬やシマウマらしいです。
フルマラソン走るなら一番早い動物は?

緊張からくる「冷や汗」などは別にしても「汗をかく」こと自体はどうでしょう?
だいたいはポジティブに感じることの方が多いのかなと思います。
スポーツして汗をかくことが前向きな気持ちになれる事は明白です。
運動して幸福感が増すのは噓じゃない

 

ではポジティブな汗に対して、ネガティブな汗とはなんでしょか?
脇汗・ニオイ・髪がびちゃびちゃに濡れる・汗っかきなどでしょか?
エクリン線とかアポクリン腺などの話は無視して、
美容院だと良く聞くのは「最近年取ったせいか後頭部が汗でびちゃびちゃになって困る!」
ほとんどこれにつきます(笑)
「後頭部びちゃびちゃ」は「おじさん」現象なのか?

実は一番汗をかくのは「額」だそうです。
汗を多くかく部位には理由がある

汗は全身で同じように出るのではなく、部位による違いがあります。
一般的に、胸や背中のような体幹部のほうが、腕などの末梢部よりも汗の量が多いのです。
体幹部でも特に脊柱近辺では汗の量が多くなります。また、カラダの中で最も多く汗をかくのは額です。
これは、生命を維持するために最も大切な器官であり、なおかつ熱に弱い「脳」の温度を一定に保つために重要な仕組みだと考えられます。
男性と女性で比べると、どの部位でも、男性のほうが女性よりも汗をかく量が多いようです。

しかもですよ!年齢とともに汗は減っていくのです!

一般的に、汗の量は加齢によって減る傾向にあります。
汗の量の低下は、下肢→体幹後面→体幹全面→上肢→頭部の順に進み、頭部での低下が最も遅いようです
ここでもやはり、大切な脳の温度を守るために、最後まで頭部の温度調節機能を維持しようとしていると考えられます。

これは、、、後頭部の汗が加齢によって良く出るようになったのか?
全身の発汗が衰えて、頭部の発汗が際立ってしまうのか?
どっちでしょうかね?

ただ、加齢によるホルモンバランスの変化が発汗に影響してるのは間違いないみたいです。

「女性の場合は、確かに加齢によって汗をかきやすくなるケースがあります。それは、女性ホルモンの『エストロゲン』に発汗を抑制する作用があるためで、エストロゲンが減る40代後半くらいから、汗が増える人がいます。ただ、なぜ頭から出る人が多いのかはわかっていません」

多汗症などの疾患は別にしておいても、大酒飲み・喫煙者も発汗が多くなる傾向があるようですから要注意!

大汗かく事は「びちゃびちゃに濡れるので嫌」と言う事もありますが、
問題はニオイでしょう!
ただ、皮脂腺の関係は多少あっても出たばかりの汗はほとんど無臭ですよね。
皮膚にある雑菌と汗が結びついて酸化・分解がニオイの原因ですからやはり体を清潔に保つ事が一番の予防となりそうです。
ちゃんとお風呂に浸かる事も制汗につながります。(ちょっと熱めのお風呂がオススメでしょか)

やはりここでもしっかり洗いにくい部分、、、ズバリ頭皮でしょう!

https://www.bless-glass.com/6596

シャンプーの選び方は頭皮臭に直結しますよ!
↑のブログも参考にしてくださいね。

それでも止めたい頭皮の汗には!
首を冷やして止める!

身体には「リンパ節」と呼ばれる器官が複数あります。全身を巡るリンパ液が通過する器官で、ここを冷やすことにより効果的に体温を下げることが出来るため、熱中症の応急処置としても推奨されています。
首の周りにはリンパ節が数カ所あり頭にも近いので、首を冷やすことで頭の汗を止めることが出来るのです。

  • 濡らしたタオルや冷たいおしぼり
  • 冷たいペットボトル
  • 保冷剤

などを使って首を冷やすと良いでしょう。

お試し下さい(*^_^*)