閲覧注意!確かにこうなるとパラフェニレンジアミン(PPD)を無駄に怖がるのもわかる。


今週もありがとうございました!

明日は月曜日でお休みです。

今度の火曜日の夜にクリスマスリース作るのですが毎回評判が良くて作るのが楽しみです!(自画自賛) 昨年と一昨年の作品

パラフェニレンジアミン(以下ジアミン)はアメリカ疾病予防管理センターに接触アレルゲンと分類されています。 2006年のAllergen of the Yearに選ばれていまして、あまり良い印象はないです。 巷では諸悪の根源のような扱いのジアミンですが大多数の人には別にアレルギー出ませんし、発がん性など非常に低いです。

なので問題はアレルギーなんですが時々こんなことになる人が出てきます。

エステルがアレルギー反応を起こす原因となったのは、ヘアカラー剤に含まれていた「パラフェニレンジアミン(PPD)」という成分。  髪色を明るくするための成分であるこの成分は、一般的な市販のヘアカラー剤や白髪染めなどにはよく使われている。  しかし、最近の研究ではエステルのようにアナフィラキシーショックを引き起こす原因となるとの報告もあり、使用には注意が必要だと忠告されている。  命に別状はなかったものの、パッチテストを指定の方法に従って行わなかったことが原因で、今回のような恐ろしいアレルギー反応に悩まされることとなったエステル。「市販のヘアカラーを使用する際には、必ず用法を守り、指定の時間通りにパッチテストを行って事前に異変が無いかを確認することがとても大切」と、自身が身をもって得た教訓について語った。(フロントロウ編集部)

髪を明るくするための成分ではございません。 黒染めだから関係ないとか思わないでくださいね!

パッチテストも毎回しましょう!とか思いませんが、久しぶりのカラーリングや、前回カラーリング中に違和感や気になる事があった場合は必ずパッチテストしてからのカラーリングとするべきですね!

体調優れない時も急いで染めない方が無難です。

PAGE TOP