明日はお休みいただきます!


先日は「ジアミンは有毒だから使いたくない」という方がいらっしゃいまして、
ひょっとして、ブレスグラスが「嫌ジアミン党」
(今勝手に作った)
だと思われてるのかな?って思いまして。。。。
「それはちょっと違うぞ!」と突っ込んでみたくなりました。
ちなみに僕はパラフェニレンジアミンアレルギー
(以下ジアミン)ですが「嫌ジアミン党」ではありませんよ。

 

そりゃ、僕にとっては怖いですよ、被れますもん。
(ジアミンアレルギーの人はみんなそうでしょ!)
アレルギーで被れるから「ジアミンが怖い」のと、
誰が書いたかわからない、
適当なサイトの文章みて不安がるのとは全く視点が違います。

まず僕ら美容師の仕事として、「白髪染め」があります。
(カラーリングがある)
その人、その人にとって一番効果的な染め方は何だろ?って所から、
染料アレルギーの問題は避けて通れないわけです。
(髪のダメージと混同する方もいらっしゃいます)


なので僕が
「嫌ジアミン党」の何が嫌いなのか?考えると、、、

特に証拠も出さずに(引用もせずに)
発ガンだなんだと不安を煽ってくる!

これにつきますね、他にもインポテンツとか色々あります(薄毛とか)
安全!って謳うより、危険!って謳った方がネットでは回るのです。
人の弱みにつけこんでいるようで、気分が悪いわけですよ。
我々を同類にしてほしくないんですね。


ヘアカラーでのアレルギーは希ですが起こす人がいるんです。

P-フェニレンジアミン

アメリカ疾病予防管理センターはジアミンを接触アレルゲンに分類しています。
2006年のAllergen of the yearを獲得してました。。。。。
まぁ、、確かになんかイヤですよ!
イヤですけど世の中もっと気をつけた方が良い事ってあるんじゃないのって事です。


何かの物質を目の敵にしてて、もっと怖い事を楽しく習慣でやってたらどうしますか?

皆さんシャンプー気にしますけど、、リンスやトリートメントの方が適切に扱わないと危険なんですよ!