あなたがあなた自身をどうみるか、あなたは慎重になったほうがいい。 なぜなら、他人もあなたと同じようにあなたのことを見るようになるから。

byすずりょう  鈴木領一の思考力研究所

日々、集中力もって過ごしていきたいですね!ステキな言葉の数々も身につけていかなければ猫に小判(ニャースに現金)となる。
すずりょうさんのつぶやきが身にしみます。

30分ほど時間が空いたので隣の公園でテニスのまねごと。
全部で15分くらいですがちょっとは気分転換になります^^(大竹さんは仕事中^^)

さて話は変わりますが下の記事!

突然自転車が壊れる!自転車爆弾に注意せよ!

 突然自転車が壊れる。

 そんな事例が続発している。運転中にハンドルが折れたり、あるいはタイヤが外れたり…。自転車に見えない爆弾がついていて、ある日いきなり大破する、そんなイメージだ。車と違って国が定める安全基準がなく、型式指定審査のようなチェックシステムもない。輸入自転車の9割を占める中国をはじめ、海外から欠陥商品が流入している問題も指摘されているが、国産製品も例外ではない。けがをした人がメーカー側の製造物責任を問い、訴訟に発展するケースも相次いでいる。?自爆自転車?を見抜くにはどうしたらいいのか-。

リンク先読んでいただければわかりますが、走行中にいきなり壊れるため瞬時に回避行動をとる事はほとんど不可能です。
僕が考えるに「スピードを出さない」、これしかない。
いきなりハンドル取れて折れたパイプの先端で歯を8本も折るなんざトラウマすぎて立ち直るのに何年必要か?まして後遺症が残ったら。。。

自転車マークを参考に、、、。

専門家によれば、自転車の車体に貼られている「自転車マーク」が一つの目安になるという。
マークは事業者団体が任意でいくつか設けている。約90項目の検査にクリアした自転車のみに貼られる「BAA」マークや、自転車安全整備士によるメンテナンスを受けたことを示す「TSマーク」などがそれだ。こうしたマークの有無をチェックするのも欠陥自転車を避け、事故を防止するのに役立つ。
NITEによると、自転車の製品事故は使用開始から1年未満に多くが発生しているという。自転車産業振興協会は「新しい自転車を購入したら1~2カ月以内に販売店などで自転車技師、自転車安全整備士による初期点検を受けてほしい」と呼びかけている。

要するに欠陥品つかまされたら対処のしようがほとんどありません。
総合的に考えて、自転車はマナー良く低速で!各部の目視による点検や整備も怠らない方が身のためです。
お子さんが小さい場合は親がその役目を。

15分の運動?終えてうっすら汗が!
そんなときは泉山さんに毎年頂く手ぬぐいが活躍!

今年もありがとうございます!