マスクをつける理由は色々ですがこの時期はまず花粉症の前にインフルエンザでしょうか?
今年のインフルピークは1月の第4週~5週にかけて期間は12月後半から3月までだそうです。
インフルエンザ2017年流行時期とピークはこの期間!

インフル罹ると僕個人の話ですが僕はタミフルが効きます(今のところ)むしろ他が効かないかな?って感じです。
インフルは別格というか仕事できなくなりますから問題ですが、風邪引くと食欲無くなって食べなくなり結果として胃腸が休まり体がスッキリすると言う効果に毎回期待しています。笑(風邪でも引かない限りファスティング出来ません。。。意志が弱いので)

話がそれましたが、今年の花粉飛散量の予測ですが関東は平年並みか少ない位みたいですよ、良かったですね!
ただ、西日本は多いようで危険です。

またまた僕の話ですが、アレルギー持ちです。
通年で症状がありハウスダスト系で通常の6倍ほど反応します。
スギ・ヒノキも3~4倍ほど反応しましたか。。(検査は5年以上前の話です)
アレルギーに関して通年性でもあり(子供の頃からなのでその状態が普通で)特に薬を常用するなど考えていませんでした。
お医者も当時だれも提案しなかったですし、まだ第二世代のアレルギー治療薬がなかったのかもしれません。
(第一世代のアレルギー治療薬は脳内のヒスタミンも押さえ込んでしまうため眠気が半端ないです。しかもなかなか体外に排出されない)

それが6年ほど前に少しずつ顔の肌荒れをするようになってしまい最初は目尻が赤くなりどんどん広がり病院行っても治らず、美容師になってから患った手荒れもピークになっていきました。

顔の肌荒れは本当に気になりたまらず皮膚科へ、、、お医者的には何らかのアレルギーだとの事で取りあえず薬貰ってちょっとハイペースで飲んでると顔の肌荒れで病院行ったのに意外にもまず手荒れが治っていきました。
ちょっと気持ち悪い話でしょうが僕の手荒れは酷い方で手荒れから爪の細胞の生産が弱まりついには根元から爪が作られなくなって根元の方は肉が出てくるほど。。。(正直怖かったです)
あと夜の睡眠時間が相当快適になりました(鼻づまりが軽減!)

痒くてたまらなかった手荒れがアレルギーの影響だと初めて認識出来た瞬間でした!(気づくの遅いと思いますけど)
まだ当時は薬を常用する事が習慣になっておらずちょっと良くなると薬を飲むのをやめたり忘れたり、それでぶり返しをしてました。

顔の肌荒れとの格闘はその後も続き(今でも続いてますが)お医者と相談しながら薬を色々試し一つの結果にたどり着きました。
しかし後もう一歩の効果が出なく、顔の痒みと赤みは中々取れない状態。(ステロイドの塗り薬も当然使ってました)

そんなときにスタッフであるスキンケアアドバイザーの古市広美に営業されて(嘘!自ら試してみようと)
彼女が取り扱うブランドの一部を使わせて頂きましたが、僕には合っていたようです。(手荒れもさらに改善してます)
薬を飲むだけだとマスクを外すのが「ちょっとイヤだな~」って感じでしたし、汗をかくと(スポーツすると)一気に痒みやヒリヒリ感が出てガマンできなかったのですが、体を動かしてる間にほとんど痒みのストレスにさらされ無くなりました。



ちなみに運動不足も肌荒れの原因となり得る様です。(代謝することは大事ですね)
しっかり汗かいて体の中身を入れ替えないと免疫も落ちます。

あと、これは若干荒療治かもしれませんが多少の日焼けは皮膚を強くして肌荒れに効果があるらしいです。
夏しかサーフィンしないアトピー持ちの人が夏の間は肌荒れ治ったりするそうですから。(海の水が良いとも)

と言う事で完治とまでは行きませんがかなり良くなってきたのでここで僕の取った戦略を書いておこうと思います。
(間違ってる事もあると思うので(人それぞれということ)話半分でよろしくお願いします)
※写真は僕の手です。

①先ずはアレルギー治療薬。こちらは作用するベクトルが異なる薬を組み合わせて使ってます(複数使う)さらに状態がちょっと良くなっても続ける。
②洗顔後(洗顔も大切ですが)なるべく早く皮膚を保護する(美容液など)(アレルギー物質を肌につけない)
③週に一度は最低でも運動して汗を流す。ストレス発散にもなりますし前向きな気持ちになれますね。
④日焼けサロン(笑)日焼け自体は前向きな気持ちになれたり免疫力上げたりとやり過ぎなければ効果有りだと思ってます。


如何でしたか?少しでも参考になったら幸いです!