先日の連休に川崎大師にお参りしてきました!川崎大師は通称で平間寺って言うんですね~(よく考えたらそうだ)
こちらのお寺、PCサイトもスマホサイトもあってFacebookページまであります。必要なのかな?
真言宗と言えば即身仏でしょうか?木の実や木の皮を食べて(しか食べないで)究極的に脂肪を落とし、漆を飲んで体の腐敗を防止しながら即身仏となる、超ストイック系の宗派だと思っていますが違いますか?違いましたらすみません。
いざ履き物を脱いでお寺の中へ入るとさすがに880年の歴史だけあって気持ちが引き締まります。
お護摩を焚く事を「御護摩修行」と言うそうで、「修行」と言われたのであぐらは良くないかなと思い、開始前から正座して少しは気合いを入れて待ってましたが始まるまでに一時、そしてお坊さんが平間寺の歴史や真言宗の話を一通り、ようやく始まったかと思うころには足がビリビリとしびれてきてちょっと焦りましたが何とか最後まで持ちこたえました~。日頃なれていれば一時間位は平気なのかもしれませんが最近は正座する機会もなくて、、、、終わった後にすぐに立ち上がれなかったらどうしよう???と言う不安。御護摩を焚いて煩悩を消し去っているはずですが「恥ずかしい思いをしたくない」という煩悩が速攻でわいてくる自分です。DSCN0463DSCN0466DSCN0467

さて、近頃では(若い世代は)女子の方がお酒が飲める時代。去年もお客様の運営するバーで数人で飲んでいましたら(生け花が多数飾られて重厚な作りで雰囲気強めの店)にかわいらしい女子が二人で入ってきてカクテル飲んでました。
バーテン(お客様です)が「お食事の帰りですか?」みたいな会話に「焼き鳥を食べて来た」と答えたそうですがその焼き鳥屋もがカウンターしかないちょっと単価高めのお店でして、その話を聞いてみんなで「へ~っ」て感心したわけです。
ちなみにそBarは↓こちら

The bar Scarab

↓こちらの焼き鳥屋さんは上に出てくるお店とは対照的なお店で、これはこれで女子が入りにくそうですが、バリバリ若い女子で混んでます。

焼き鳥 鳴門

メンズは草食といわれて久しいですが、、、頑張っていこう!!^^

最後は昨日オープンしたこちらもお客様のお店、生ハム旨し!(24ヶ月熟成の逸品!ルッコラは原種でめちゃ旨い)
非常に楽しくお酒が飲めましたよ~!(ウェブサイトなどはまだありません)

DSCN0468

DSCN0474DSCN0475

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じでお酒はとても食事を華やかに楽しくする物ですが、度が過ぎるお酒は髪の毛に悪影響だとわかってきました。
昔のエントリーと前半部分はかぶりますがこのような理由で髪の毛に影響します。

 

 


生活サイクルの乱れ  飲みに行くと寝る時間が遅くなるだけではなく、以下のようなことが起こります。

お酒を飲むことで眠りが浅くなります。
眠りが浅くなると、ホルモンバランスが乱れ、結果薄毛の原因と言われる男性ホルモンが増加し、薄毛を加速させてしまうのです。
アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという物質には、眠りを浅くする効果があります。
眠りが浅くなるとホルモンバランスが乱れることとなり、薄毛の原因である男性ホルモンが増加してしまいます。
また寝不足の状態は慢性的なイライラの原因となります。ストレスは薄毛の大きな要因の一つです。
ストレスを受けると大動脈が収縮するだけでなく、身体の各部に栄養とエネルギーなどを供給している「毛細血管」も収縮します。
つまり髪の毛を育てる毛乳頭に栄養が届かなくなるのです。

髪の栄養不足 でもこれは人によるかと、、、つまみいっぱい食べる人いますよね。

お酒に含まれるアルコールを体内で完全に分解する為に働く代謝が、
髪の成長にとって必要な栄養素を消費してしまい、結果発毛の停滞が起こります。
体内に取り込まれたお酒(アルコール)は、肝臓で分解されます。その際、「アセトアルデヒド」と呼ばれる、毒性を持った物質を生成します。
アセトアルデヒドは、最終的には解毒効果によって「酢酸」という無害な物質に代謝されるのですが、
この過程で大量のアミノ酸やビタミンを消費することになります。

薄毛の原因となる物質の増加 こちらが今日のキモです!

多量にお酒を飲んだ時、発生したアセトアルデヒドは体内で分解されず血中を循環することになります。
これが原因で血中に含まれるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛を促す物質が増加し、結果薄毛を加速させる原因となります。
DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性型脱毛症の最大の原因と言われている強力な脱毛作用のある男性ホルモンである。
ズバリ、DHTは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼTypeIIという還元酵素により変換されてでき、
これが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制するためにハゲるのだ。
DHTは髪の毛に含まれる皮脂を多量に分泌し、その溢れた皮脂が毛穴を塞ぐことで毛髪の成長を妨げ、薄毛を進行させてしまうのです。

出典http://park-kind.biz/archives/23
出典http://bubka.jp/blog/thinning-hair_cause/355.html

とは言え、飲酒は薄毛リスクの一つでありますが決定的要素にはなり得ませんし、
~古来より「酒は飲んでも飲まれるな」と言う教えがあります~とお坊さんも申しておりました(うそ)
「お酒は楽しく適量を」皆さまの花金が(死語)とても楽しい物になりますように~!今度の土日、二日酔いでも笑顔な皆さまにお目にかかれるのを楽しみにしております!!