いつもお世話になります!ところどころ荒れた成人式も終わって皆さま休憩モードでしょうか?
寒ーい店内で凍えそうです!早く沢山体を動かしたいと心底思います。WW

しかし僕の地元北九州の成人式が期待を裏切らない安定感、、、一瞬目を背けたくなります。
が、たぶんみんなこの日に向けてバイトして頑張って衣装そろえたんですよ!(そう願う)
「北九州もんは気合いがちがうけんね!」
式典の進行を妨害するような行為は逮捕ものだと思うが、昔の仲間と久々にあって会場の外で同窓会するだけなら楽しいイベントだと思う。
ちょっと袴や花魁姿では寒いが、、、そこは焼酎をがぶ飲みして体を温めよう!!!そしてもうメディアは取り上げない方がいい、逆効果でしょ。

さ~て、と言うことで本題です。34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s
皆さんもカラーリングしてる(特にホームカラー)人から一度はこんな言葉を聞いたことないですか?
「カラーリング終わった次の日以降なんだかどんどん明るくなって行くのよね~」的な言葉。
この現象の犯人はこの物体です「残留過酸化水素」。(ヘアカラーは1剤の酸化染料を2剤である過酸化水素と混合して染めます)
サロンでもお家でもカラーリング後には髪の毛に残った過酸化水素を取り除く必要があるのです。
取り除かないとどんな感じになるか、、、ちょうどオキシドールを髪につけたような状態になります。(3%過酸化水素=オキシドール)
昭和の皆さまはわかる人が多いと思うけど中学生の頃に髪にオキシドールをぶっかけてその場では何も起こらないがシャンプーする度に明るくなって行った覚えはないでしょうか?つまり普通のシャンプーでは過酸化水素は取り除けないのです。(ある程度は最初のシャンプーで落ちていますがしっかり残っています)

でも過酸化水素の問題はそれだけではないんですね、それほど髪に残りやすい過酸化水素はケラチンなどと相性かよく髪のみならず頭皮にも付着してなかなか離れません。
そして残留過水は皮脂を酸化して嫌な臭いを出します。
酸化した皮脂が臭うというのは過酸化脂質という腐敗した皮脂に変化したと言う事ですから、頭皮に良いわけありません。
薄毛の原因にも挙がっています。

もし周りで「カラーリングの後に変な臭いがする」とか「暗く染めても全然持たない」なんて方がいたらちゃんとプロの方に見てもらいなさいとアドバイスしてあげましょう。
プロのカラーリングの定義とはいろいろありそうですが、一つには「ただ色が入れば良い」とか「キレイ」とかだけではなく、アルカリ・過酸化水素・未反応の染料中間体など元々髪の毛にはない余分な汚れをきれいに取り除くところまでが仕事ではないかと思うわけです。

カラーリングの後直後にはヘマチンなどの成分が有効です。
ヘマチンとは血液由来の成分でヘマチン(ヘミン)とグロビンが結合してヘモグロビンを形成しています。
ヘモグロビンを電気分解してヘマチンとして取り出します。酸化力と吸着力が強く上記の残留物を効果的に取り除く事が可能です。
ブレスグラスでは勿論カラーリングの後には使用しますし、お家に帰ってからも出来れば最初の2~3回はこのシャンプーを使ってくださいと進めています。DSC_0093
ヘマチンを高濃度に配合していますので効果が高いです。(常に使いつづける必要はないと思います)