平成最後の営業が無事に終わり、感謝です。


こんばんは!
明日から新元号ですね〜^^
貴重な改元の年を営業しながらお客様と過ごせることを本当に感謝しています。

ちなみに!
在位中の天皇陛下は「今上天皇」(きんじょうてんのう)と呼称します。
上皇陛下を「平成天皇」と呼称して絶対にいけません!
その名称は崩御された後の名称で、ご存命中には使ってはいけません。

本来なら皆が普通に持ち得ている知識が戦後教育では完全削除なんですね。

昭和天皇が崩御された時にマスコミも表現に間違いがあって、当時の今上天皇を「平成天皇」と呼称し速攻でクレーム入って、謝罪してるのを覚えています。

こういった日本人としての基礎は義務教育中にちゃんと教えておくべきじゃないですか?
皇室外交がどれだけ日本に恩恵があるのか、公務は分刻みの激務ですから。

 

さてさて〜それでは新時代を気持ちよく迎えるために、
恒例の役立つ食べ物シリーズですよ!

今回は「お腹のハリ解消に効果を発揮する食べ物」です。

妥当「膨満感」ですな0(`・ω・´)=〇


1  レモン

レモンは最強に近いです。
レモン果汁自体が酸性度が高く消化を助けるのですが、
その日に摂取した水分を2倍近く補給できた事と同等になる効果があります。
消化を助け、少ない水分でも安心!
胃腸の消化を早めてくれます。

僕はポッカレモンが大好きですね(笑)

2  バナナ

カリウム豊富なバナナは、塩分の取りすぎで浮腫みがでた状態を解消するには最適でしょうね。
バナナで塩分を洗い流しましょう!

3  フェンネル(ウイキョウ)

フェンネルは天然利尿薬です。が、腸内ガスを取り除くのにも役立つ薬品なのです。つまり、お腹の膨張感解消にも利用できるのです。臨床栄養学者のコールマン氏によれば、「フェンネルの種子の合成物であるアネトール、フェンコン、エストラゴールには痙攣(けいれん)を止める作用と、抗炎症性作用が含まれており、腸筋を弛緩(しかん)させたり閉じこもったガスを消す効能があります」

esquireより

4  生姜

生姜が持つ抗炎症効果というものは、ガス膨張に対しても驚くべき働きを発揮することでしょう。
「生姜にはジンギパインと言われる消化酵素が含まれており、タンパク質分解を助長します」
「生姜にはまた腸を緩める効果もあり、結腸の炎症を和らげることによって口にした食品の消化を助けてくれます。その結果、感じている膨張感とガスを取り除いてくれるのです」

esquireより

新時代をスッキリ快適にスタートしたいですね!

それでは令和初めの5月もよろしくお願い致します\(^▽^*)(*^▽^)/

PAGE TOP