湿気が多いときなどにやたらと気になる髪のクセ、、、。髪のクセには大きく分けて2種類の性質に分かれます。
一つ目が髪を濡らすとまっすぐになってクセが消えたように見える、「水素結合によるクセ」。
これは、血流などの影響で起こるクセで、健康だった人が重度の貧血で困ってた時期などの後にクセが出始めたり、
妊娠中に血流の変化で出産後クセが出たりと様々ですが血流が改善されるとクセが消えることもあります。

二つ目が「毛根の形状によるクセ」です。
こちらは、髪が濡れてもクセはほとんど消えません、こちらのクセが強い場合は比較的ストレートにするのは簡単です。
毛根の形状によるクセのため生来のクセの場合が多いです。

疎水性のクセ・親水性のクセなどとも表現されます。
このどちらのクセにも一発でアプローチできる薬剤は基本的に売ってません。
薬剤を混ぜて使うか、二度に分けて施術するかのどちらかになります。