今日もブレスグラスをご利用いただき本当にありがとうございました。

今日は卒業式、花見、出産、旅行など、楽しいお話満載でした~。

 

で、明日の朝はYちゃん卒業式で、着け師、長谷川さんの真骨頂、着付けの舞です!

DSC_0146

 

DSC_0145-300x199  DSC_0144-300x199

とっても素敵な袴でございます!明日の天気はおおむね晴れるようですので安心。

本人、卒業式終わったら、すぐ三浦に移動して一泊二日で子供達相手のボランティアするそうです。働きますな~。

 

今日、美レンジャーにhttp://www.biranger.jp/archives/92540こんな記事がでてましたよ!

 

ちなみに、現在放送中の戦隊シリーズは 『烈車戦隊トキュウジャー』 もはやネタでございます。

ヒーローが現れる前にはアナウンスで、

『列車がまいりま~す!白線の内側でお待ちくださ~い!』となって、敵の怪人はおとなしく白線の内側で相手が変身するまでおとなしく待っているそうな、、、、、。

どんだけ草食ですか??

 

先日、放送作家のKさんがカットに来てくれて、面白いことをおっしゃってました。

最近のかっこいいいは「人間味がない」らしいです。

汗臭く頑張るヒーローはイケてないそうでして、いろいろと苦労するとおっしゃってました。

ですがひとたびバイオレンスを表現させればものすごい残酷なものを作ってしまうそうで。

常に血の温かみみたいなものを知っている肉食系はそんなことしないそうですよ。

 

話がそれましたが、

「若返りホルモン激減!働き女子にありがちな老化を早めるNG習慣」とありました。

忙しく働けることは幸せではありますが、いかの4つ当てはまりましたら要注意らしいです。

 

■1:親しい人との時間が減った

忙しくて家族や友人との会話がメールだけという人は要注意。

家族や友人など親しい人とより親密に時間を過ごすと、抗ストレスのホルモンが分泌され、心の安定や心臓の機能を高めてくれます。また、笑うことはセロトニンの分泌を促進するので、免疫力が高まるとされているのです。

 

■2:趣味がない

趣味などでストレス発散が上手くできないと、老化を早めてしまいます。

ストレスが過度に溜まると、ストレスホルモンのコルチゾールが若返りのホルモンの分泌を抑制してしまいます。ストレスによって眠りが浅くなったり、太りやすくなったりすることが知られていますが、最新の研究ではコルチゾールが多くなると、脳の記憶の領域にも影響が出て、もの忘れしやすくなるということも判明しているのです。

 

■3:ベッドの中でもスマホ

最も長生きする人は、睡眠時間が7時間といわれています。パソコンやスマートフォン、テレビ、LED照明に含まれるブルーライトは、睡眠のリズムを作るメラトニンの分泌を抑制し、体を覚醒させます。その結果、寝付きが悪くなり、眠りを浅くしてしまうのです。

どうしても使用しなければならないときは、ブルーライトをカットするメガネなどを使用するのがおススメです。

 

■4:家でもほとんど動かない

体を動かすのは通勤の時だけになっていませんか?

運動によって、成長ホルモンやDHEAなどの、体の老化を抑えるホルモンが分泌します。骨を丈夫にしたり、血管を柔らかくする働きもあるのです。

 

すべて当てはまるという方も多いのでは? 常に若返りのホルモンが身体にストックされていれば、残業や失恋など少々のアクシデントにだって耐えられるはず! 上記のことを念頭に、老化を防止していつも若々しくありたいですね。

 

 

皆さまもお気をつけください^^